前へ
次へ

通販事業をスタートさせてみよう

通販事業は、個人でも可能です。しかし、運営会社との契約をしてから、通販サイトで販売をする形が理想的です。開業するには、開業届けが必要になります。本格的にネット通販に参入するリアルショップの存在も少なくありません。事業として意志があるなら、管轄の税務署に開業届けを出しましょう。売り上げアップとなるのは通販事業では歓喜でしょう。しかし、申告も必要になります。必要諸経費は控えて、領収書はとっておかなければ、節税効果が期待できません。経費に計上できるものは、事業の資料になる内容の書籍や新聞です。また、宣伝広告費として計上できるのが名刺代です。もちろん、インターネット代も、さらには個人ならば、事務所代として家賃の何割かを計上できます。個人でも最近は、ハンドメイドマーケットが人気ですが、その場合でも確定申告は必要です。利益が大きくなれば、というのが前提で、赤字発進であってもやっておくのがいいようです。今後も事業を継続したいなら、習慣として行っておくのは決して損ではありません。通販事業をスタートさせる際は、事業用通帳も用意しましょう。売上金や材料費はもちろん、プロバイダ、PC、カメラなど、商品に必要な経費を管理しておけば、後々の申告がスムーズになります。今は、副業クリエイターの存在が目立っていますが、専業クリエイターはもちろん、学生もグループで通販事業をスタートさせています。確定申告と聞くと、なんだか難しい印象を受けますが、ハンドメイドマーケットなどで『試しに販売してみよう』といった気持ちであれば、避けては通れないでしょう。帳簿をつけたり、経費を計上する習慣が、事業をしているという自覚に繋がるといいます。商品がひとつ売れる、それが評判になってお客さんがお客さんを呼び、利益が出ます。ネット通販ですから、口コミやレビュー、SNSなどで評判が拡散されるでしょうから、マーケット規模は世界に広がっていきます。

Page Top